ビジネス

アリババとの競争激化 中国EC大手のJDドットコム、17年度は初めて黒字化 

 中国の大手EC企業、JDドットコム(JD.com)の17年12月期決算は、売上高が前期比40.3%増の3623億人民元(約5兆7900億円)と大幅増収だった。16年度に18億人民元(約288億円)の赤字だった税引前損益は、1億2000万人民元(約19億2000万円)の黒字へと初めて転換した。

 シドニー・ファン(Sydney Huang)最高財務責任者(CFO)は、「17年度は通期で黒字を達成したことに満足している。18年度は引き続きテクノロジー面やサイトのユーザー体験向上のために投資する」と話す。

 JDドットコムは商品カテゴリー別の売上高を公表していないが、アパレル分野においては、下期に約100のブランドがサイトを離れた。これについて、同社は中国のEC最大手アリババ・グループ(ALIBABA GROUP)の圧力を非難している。ただ、「アパレル事業に急速な回復は期待していないが、心配はしていない。今後徐々に回復する」と見る。すでにいくつかのブランドはサイトに復帰し、復帰後2カ月で取り扱い商品量が3ケタの伸びを見せているブランドもあるという。

 18年度は、引き続き売上高で前期比30~33%増の伸びを見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら