ファッション

「アー・ペー・セー」が全アメリカ製“U.S.コレクション”の第3弾を発売

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」は“U.S.カプセルコレクション”の2018年春夏新作を「アー・ペー・セー」店舗と公式サイトで発売している。アイテムは、スエット(1万9000円)とTシャツ(1万円)、ジョギングパンツ(1万8000円)、フーディー(2万3000円)をそろえる。色は、スエットによく使用される杢グレーのみを用意し、XS、S、M、Lの4サイズを展開する。

 今回で第3弾を迎える“U.S.カプセルコレクション”は、全てをアメリカで生産。トップスには「アー・ペー・セー」のロゴと共に、同ブランドがショップを構えるアメリカのニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコをあしらった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら