ファッション

「アー・ペー・セー」創始者の姉が手掛ける雑貨コレクションが発売に

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」は5月25日、生活雑貨コレクション“ラ・リスト・チュニジエンヌ(LA LISTE TUNISIENNE)”を発売する。「アー・ペー・セー」の創始者ジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)の姉であるロランス・トゥイトゥ(Laurence Touitou )がデザインを手掛け、チュニジアの職人の協力のもと創作したもの。現地のアートクラフトに着想を得て3本ストライプと陶器という二つをテーマにモノ作りしている。

 3回目となる今回のコレクションでは、ラグマット(1万9000円)やバスケット(1万〜1万2000円)、ハマムという大衆用浴場のタオルとして使われていたフータ(5400円)は、ブランドの象徴である3本のストライプをボルドーカラーでデザイン。 ラグマットとバスケットは、スマーというチュニジアで採取された天然のイグサと野性のヤシで編まれている。“La Liste Tunisienne & A.P.C.”ロゴ刻印されたベジタブルタンニングのナチュラルレザーは、ラグマットにはベルト として、バスケットには持ち手として使用。ボルドーの他、ブラックも同様のディテールで「アー・ペー・セー」のために限定作成。 3点セットのボウル(2800円)は、チュニジアで定番のスープに使うボウルに適した純粋な粘土から作られている。同様にカップ(2800〜4600円)は、湧き水を 飲むために使用される最も古くからあるチュニジア陶器からインスパイアされている。

展開店舗:オンラインストア / 代官山FEMME / 代官山HOMME / 新宿髙島屋店 / 青山店 / 横浜店 / 名古屋店 / 梅田店 / 神戸店 / 福岡店 / 吉祥寺店 / 仙台店 / 金沢店 / 大阪なんば店 / 二子玉川店 / 広島店 / 札幌店 / 京都店 / 大分店

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら