ファッション

「ゲス」がGENERATIONSとコラボ 日本人初のパートナーシップに抜てき

 米国ロサンゼルスに本社を構える「ゲス(GUESS)」は2月21日、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)とコラボし、限定コレクションを発売する。「ゲス」はこれまでもエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)やカミラ・カベロ(Camila Cabello)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、DNCE、ジョー・ジョナス(Joe Jonas)、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)など、そうそうたるミュージシャンやアーティストとパートナーシップを組んできた。日本人アーティストとのコラボは今回が初めて。アーティストの持つエナジーやスタイル、才能といった音楽を媒介にしてファッションを発信する。

 リメイクアーティストとして知られるダレン・ロマネリ(Darren Romanelli)も加わり、「ゲス」デザインチーム、GENERATIONSメンバーと一緒にコレクション製作に携わった。アイテムは90年代の「ゲス」のビンテージコレクションからインスピレーションを得て、オーバーサイズのデニムジャケット(2万9900円)、ロゴTシャツ(6900円)、長袖Tシャツ(8900円)、パーカ(1万2900円)、キャップ(5900円)、ウエストポーチ(7900円)など、店舗限定品6型を含む全15型をそろえる。中でもデニム生地にコラボレーションロゴをあしらったウエストポーチは、メンバー全員の発案で生まれ、特に気に入っているアイテムだという。

 2月21~25日にゼロベース表参道でポップアップショプを開設。26日から「ゲス」の国内直営全店での販売をスタートし、店舗限定アイテムは渋谷店と原宿店、心斎橋店、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」のみで取り扱う。また、GENERATIONSの中国ライブツアーに合わせて上海、北京、深セン、マカオ、香港、台湾の直営旗艦店でも販売。3月2日には、特別限定品のみを東京・中目黒のPKCZギャラリーストアで発売する。

■GENERATIONS × GUESS TOKYO POP-UP STORE
日程:2月21日~25日
時間:10:00〜20:00
場所:ZeroBase表参道
住所:東京都港区南青山5-1-25

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら