ファッション

「カナーリ」に新デザイナー 韓国生まれの44歳

 「カナーリ(CANALI)」はリー・ヒョンウク(Hyun-Wook Lee)をエグゼクティブ・インハウス・デザイナーに指名した。ヒョンウクはフォーマルからアクセサリーまで全てのデザインを統括する。彼によるファーストコレクションは6月のミラノ・メンズ・ファッション・ウイークで披露される。

 「カナーリ」は2014年3月からアンドレア・ポンピリオ(Andrea Pompilio)がクリエイティブ・コンサルタントを務めていたが、16年4月に契約を満了していた。

 ヒョンウクは1973年、韓国ソウル生まれ。ソウルの中央大学校を卒業し、ミラノのイスティチュート・マランゴーニでファッションデザインを学んだ。「ジャンフランコ フェレ(GIANFRANCO FERRE)」「ヴェルサーチ(VERSACE)」「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」を経て、「ベルルッティ(BERLUTI)」に加わり、メンズアパレルの立ち上げに貢献した。

 「カナーリ」は17年10月に工場を閉鎖し、134人の解雇を発表した。また、翌月には身売り先を探していると報道されたが、それを否定した。新デザイナーの就任により、創業一族によるブランドへのコミットメントが証明されたかたちだ。

 同社の17年の売上高は前年の2億1600万ユーロ(約291億円)並みを維持する見込みで、18年春夏のオーダー状況は好調だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。