ファッション

ぐるぐるシェイクする新感覚のクラフトカクテル ベイクルーズが期間限定バーをオープン

 ベイクルーズのグループ会社、フレーバーワークスは、クラフトカクテルの「サイクル シェイク バー(CYCLE SHAKE BAR)」を新たにオープンする。

 「サイクル シェイク バー」では、自転車のホイールをシェイクハンドルとして組み込んだオリジナルのシェイクマシーンを導入。バーテンダーがシェイカーを振るように、ハンドルをぐるぐる回すことでカクテルが勢いよくシェイクされ、これまでにない味を体験ができるという。

 メニューは“クラフトバーボン”をテーマに、最近では若年層に好まれるお酒として注目のバーボンを使用。ハーブやスパイス、コーヒーなどを混ぜた“ブルックリンレモネード”や“ラテモヒート”“ストロベリー&バジル”などの8種類用意する。価格は各500円。

 出店場所は、昨年12月に18周年でリニューアルした「J.S. バーガー カフェ」新宿店内のコミニュティーバー。1月12日〜7月中旬の期間限定でオープンする。

 また、オープンを記念してロックバンドOpen Reel Ensembleとコラボしたスペシャルムービーを公開。“クラフトが息づくお酒と楽しむオフタイム”をテーマに、クリエイターのモノ作りの視点と「サイクル シェイク バー」のクラフト感をリンクさせたストーリーになった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら