ファッション

ミュベール中山路子の新ブランド「エム」が“食後酒”を題材にした企画展

 「ミュベール(MUVEIL)」の中山路子が手掛ける新ブランド「エム(M)」は12月16、17日、企画展「digestif,」を東京・神田明神の境内にある「エム」の店舗で開催する。ディジェスティフ(digestif)は仏語で“食後酒”を意味する言葉で、コース料理などの食後に提供される嗜好品だ。

 同展では“女性の痕跡を感じる食卓”をテーマに、福岡・高砂でスイーツを提供するバー、ワイン アンド スイーツ つもん(WINE & SWEETS tsumon)の香月友紀による作品と、アンティークショップ、アトラス(ATLAS)の飯村弦太がセレクトしたアンティーク品を展示する。

 期間中には、「エム」の最新コレクション“シクロ(CICLO)”の展示会も開催。誰でも入場可能で、商品を予約することができる。

 「エム」は2017年6月、東京の人気ウィメンズブランド「ミュベール」を手掛ける中山デザイナーが立ち上げた新ブランド。ポップな柄や色使いが特徴的な「ミュベール」とは異なり、中山デザイナーのパーソナルな感情を反映する、シルエットや素材にこだわったデザインが特徴的。卸はせず、神田の旗艦店とeコマースで販売している。

■企画展「digestif,」
期間:12月16~17日
時間:13:00~19:00
場所:エム
住所:東京都千代田区外神田2-16-2 千代田中央ビル302号室

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら