ニュース

「サルヴァトーレ フェラガモ」が新香水「アモ フェラガモ」を発売

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は2月14日、新フレグランスシリーズ「アモ フェラガモ(AMO FERRAGAMO)」を発売する。同シリーズは「アモ フェラガモ オーデパルファム」(30mL 8500円、50mL 1万2100円、100mL 1万7500円)、「アモ フェラガモ ボディローション」(200mL 6900円)、「アモ フェラガモ シャワージェル」(200mL 6100円)の3種を展開。調香は「ジョー マローン ロンドン」「ラルチザン パフューム」も手掛けたマリー・サラマーニュ(Marie Salagmagne)調香師が担当した。

 イタリア語で“私が愛する”を意味する「AMO」と名付けられた新香水は、カシスやバニラが香る甘いグルマンテイストを現代的に仕上げたオリエンタルフローラルの香調。トップノートはブラックカラントとローズマリーの甘い香りにイタリアン ビター アコードの苦みが重なり、ミドルノートはジャスミン サンバック、マテ、ルバーブのボタニカルな香りが女性らしさを印象付ける。ラストノートはホワイト バニラ、アンブロックス、サンダルウッドが調和し、ぬくもりのある甘さとともに「アモ フェラガモ」の世界を象徴的に表現する。

 キャンペーンには女優でモデルのスキ・ウォーターハウス(Suki Waterhouse)を起用。撮影は、モデルとしても活躍していた写真家のエレン・フォン・アンワース(Ellen Von Unwerth)が手掛け、自立したしなやかな女性像、情熱的で自由なスピリットを体現する彼女を切り取った。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら