ビジネス

「メルカリ」が1億ダウンロード突破、ネイマールをアンバサダーに起用

 フリマアプリ「メルカリ(MERCARI)」は16日時点で、グローバルでのダウンロード数が1億を超えたと発表した。これにあわせて、フランスのプロサッカーチーム「パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club)」に所属するサッカー選手のネイマール(Neymar)とグローバル・ブランドアンバサダー契約を締結。特別ムービーを公開した。

 「メルカリ」は2013年7月に日本でリリース。15年2月にダウンロード数1000万を突破した。現在は日本とアメリカ、イギリスでサービスを展開。国内のダウンロード数は6000万で、1日の出品数100万点を超える国内最大のフリマアプリへと成長した。

 山田進太郎・会長兼最高経営責任者は、「『新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る』というわれわれのミッションに対して、ようやく第一歩が踏み出せた。今後はアメリカ、イギリスでの成功を確実なものにするとともに、安心・安全に利用できる先進的なサービスの開発・提供に尽力したい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら