ファッション

カニエが見つけた“シンデレララッパー”のデザイナー、初来日に合わせコラボコレクション発売

 ファッションブランド「ファイヤーワイヤー(PHIRE WIRE)」は12月15日、ニューヨーク・ブルックリン出身のラッパー、デザイナー(Desiigner)とのコラボコレクションを発売する。

 デザイナーは、1997年生まれの注目の若手ラッパー。2015年に自身で発表した「Panda」がカニエ・ウェスト(Kanye West)の目に偶然止まり、カニエの音楽レーベル「グッド・ミュージック(G.O.O.D. Music)」に所属。その後、正式に「グッド・ミュージック」から再リリースされた「Panda」が全米1位を獲得し、「グラミー賞」にもノミネートされたシンデレラストーリーの持ち主だ。

 コレクションはスエット(1万8000円)、スエットパンツ(1万2000円)、パーカ(1万8000円)、Tシャツ(9000円)2型の全5型をラインアップ。「ファイヤーワイヤー」を象徴する“ア//”のロゴや、デザイナーをもじった“デ//”、人体模型のように描かれたデザイナーのイラスト、葛飾北斎の「富嶽三十六景」モチーフのグラフィックなどがプリントされている。デザインは、1-DRINKの名でDJ活動する石黒景太が手掛けた。取り扱いは、セレクトショップ・グレイト(GR8)のラフォーレ原宿店と公式オンラインストアのみ。

 また、発売当日は東京・六本木のニューヨーク発ナイトクラブ、ワンオーク(1 OAK)で初の来日公演も行われる。18時半開場の20時開演で、チケット代は8000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら