ファッション

ジャスティスがラフォーレ原宿にポップアップをオープン 本人たちも来店

 ファッションブランド「ファイヤーワイヤー(PHIRE WIRE)」は8月19日、フランスのエレクトロ・ミュージックデュオのジャスティス(JUSTICE)とのカプセルコレクションを発売する。昨年11月にリリースされたニューアルバム「WOMAN」の発売を契機に実現したという同コレクションは、ジャスティスの2人が日頃から着用するアイテムがインスピレーション源。“野球”をモチーフとしたスタジアムジャケット(8万円)やベースボールシャツ(1万8500円)、Tシャツ(6500円〜)、キャップ(5500円)など、全7型をそろえる。

 発売に合わせ、ラフォーレ原宿のセレクトショップ・グレイト(GR8)内に21日まで、ポップアップショップをオープンする。オープン当日にはリリースパーティーを開催。ジャスティスのギャスパール・オジェ(Gaspard Auge)とグザヴィエ・ドゥ・ロズネ(Xavier de Rosnay)の2人が来店する他、ジャスティスの所属レーベル「エド・バンガー・レコーズ(Ed Banger Records)」を主宰するビジー・P(Busy P)ことペドロ・ウィンター(Pedro Winter)やKIRI「ファイヤーワイヤー」デザイナーがDJを披露する予定だ。

 なお、ジャスティスはポップアップ前日に千葉・幕張で開催される「ソニックマニア(SONIC MANIA)」に、当日には「サマーソニック2017(SUMMER SONIC 2017)」に出演する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら