ビジネス

スタートトゥデイ相次ぐ買収、九州のソフトウェア開発企業を子会社化

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが九州工業大学発のベンチャー企業カラクル(福岡市、大久保貴之・社長)の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。買収額は非公表。1月中には取引が完了する見込み。

 カラクルは機械学習アルゴリズム開発や大規模データの解析などを得意とし、ファッション業界でも数多くの業務システム構築やアプリ開発を手がけている。同社を子会社化することで、アルゴリズム開発やビッグデータ解析の分野における開発力・技術力を強化する狙いがある。カラクルは社員数が12人と少数ながらも、機械学習分野の博士号取得者など専門性に長けたメンバーがそろっていることが魅力だったという。

 スタートトゥデイは10月末に「アイコン」運営のVASILYを完全子会社化。11月にもタイでPB販売を行うEC企業に出資したばかり。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら