ビジネス

スタートトゥデイ相次ぐ買収、九州のソフトウェア開発企業を子会社化

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが九州工業大学発のベンチャー企業カラクル(福岡市、大久保貴之・社長)の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。買収額は非公表。1月中には取引が完了する見込み。

 カラクルは機械学習アルゴリズム開発や大規模データの解析などを得意とし、ファッション業界でも数多くの業務システム構築やアプリ開発を手がけている。同社を子会社化することで、アルゴリズム開発やビッグデータ解析の分野における開発力・技術力を強化する狙いがある。カラクルは社員数が12人と少数ながらも、機械学習分野の博士号取得者など専門性に長けたメンバーがそろっていることが魅力だったという。

 スタートトゥデイは10月末に「アイコン」運営のVASILYを完全子会社化。11月にもタイでPB販売を行うEC企業に出資したばかり。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。