ビジネス

アリス アンド オリビアに韓国大手企業が出資か

 情報筋によれば、韓国企業SKホールディングス(SK HOLDINGS)がアリス アンド オリビア(ALICE + OLIVIA)の少数株式を取得したという。

 2002年にステイシー・ベンデット(Stacey Bendet)最高経営責任者(CEO)兼クリエイティブ・ディレクターが立ち上げたアリス アンド オリビアは、設立後すぐに投資家でもあるアンドリュー・ローゼン(Andrew Rosen)=セオリー(THEORY)CEOの出資を受けた。セクシーで洗練されているが遊び心のあるデザインで、前米ファーストレディのミシェル・オバマ(Michelle Obama)や女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)などのセレブの顧客を獲得し、現在は公式ECサイトの他、世界に35の旗艦店と、800の販売拠点を構える。

 SKホールディングスの出資額や、ベンデットCEO兼クリエイティブ・ディレクターとローゼン=セオリーCEOのどちらが株を売却したのか、また、その売却額は明らかになっていない。なお、SKホールディングスとアリス アンド オリビアのコメントは得られていない。

 SKホールディングスは、石油精製業や通信事業を軸とする韓国の巨大財閥で、その取り扱い分野はエネルギーから海運業、製薬まで多岐にわたる。3月にはインターラックス(INTERLUXE)とともにカナダのアウトドアウエア企業、マッカージュ(MACKAGE)に出資したとされており、ファッションの分野にも積極的な動きを見せている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら