ファッション

1日300円で利用可能、「無印」が千葉の小学校にコワーキングスペースを設置

 「無印良品」を運営する良品計画が9日、千葉県大多喜町旧にある老川小学校校舎にコワーキングスペースを開設する。期間は2018年1月31日までで利用可能時間は10〜17時。最大32人の定員で、予約をすれば1人あたり1日300円で利用ができる。デスクやチェア、複合機、Wifiなどの設備も完備する。利用者同士のコミュニケーションから連携や協働、事業創出につながるような場所を目指すという。

 同社はこれまでも千葉県で鴨川市の里山保全活動「鴨川里山トラスト」や、南房総市シラハマ校舎での「小屋のあるくらしを提案するプロジェクト」などを実現。地域を超えて人がつながる場所を作ることで、地域が抱える課題解決を目指してきた。5月からは旧老川小学校を拠点にワークショップやシンポジウムなどを開催している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。