ファッション

1日300円で利用可能、「無印」が千葉の小学校にコワーキングスペースを設置

 「無印良品」を運営する良品計画が9日、千葉県大多喜町旧にある老川小学校校舎にコワーキングスペースを開設する。期間は2018年1月31日までで利用可能時間は10〜17時。最大32人の定員で、予約をすれば1人あたり1日300円で利用ができる。デスクやチェア、複合機、Wifiなどの設備も完備する。利用者同士のコミュニケーションから連携や協働、事業創出につながるような場所を目指すという。

 同社はこれまでも千葉県で鴨川市の里山保全活動「鴨川里山トラスト」や、南房総市シラハマ校舎での「小屋のあるくらしを提案するプロジェクト」などを実現。地域を超えて人がつながる場所を作ることで、地域が抱える課題解決を目指してきた。5月からは旧老川小学校を拠点にワークショップやシンポジウムなどを開催している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら