ファッション

ワンオーも出店 大阪・中崎町を盛り上げる仕掛け人たち

 ブランドPRやファッションイベントなどを手掛けるワンオー(旧PR01)は10月28日、大阪・中崎町に初のコンセプトストア「ナカザキ オー ハイツ(NAKAZAKI O HEIGHTS)」をオープンした。

 梅田から徒歩圏内にありながら戦前の町並みが残る中崎町は近年、クリエーターや個性的な店が集まるエリアとして注目を集めている。出店したのは小さなショップが軒を連ねる細い路地の一角。“クリエーターが集まるアパート”をコンセプトに、3階建ての古い日本家屋を改築した。1階は余剰在庫をアップサイクルしたロサンゼルス発のブランド「アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)」とビンテージ古着など約400点をセレクト。2階には「マイコ ナガヤマ(MAIKO NAGAYAMA)」「ラスティ ソート(RUSTY THOUGHT)」など日本のジュエリーブランドをそろえた。

 ディレクションは、長年にわたってアメリカ西海岸の文化やジーンズファッションを日本に紹介してきたワンオーの大坪洋介シニアマーケティングディレクターと、日本のジュエリーブランドを国内外に発信する神谷温子クリエイティブディレクターが担当した。フリースペースの3階ではオープンを記念して、大坪ディレクターが29年間のロサンゼルス生活で集めたビンテージ雑貨や食器など約300点を展示・販売する。

 いずれも、それぞれの偏愛視線で集めた一点モノやそれに近いものばかり。大手SPA(製造小売り)や有名ブランドのショップが集まる梅田エリアとは異なり、独自の文化を持つ中崎町ならではのビジネスを目指す。

 ワンオーの松井智則・社長は「これまでは主に欧米ブランドを導入し販売してきたが、日本独自のとがったものもやっていきたい。グローバルに飛び回る人たちが、町自体のパワーやそこでしか体験できないコトを求めて足を運んでもらえる店にしたい。環境を含めたこの空間でゆっくりくつろぎながら買い物してもらうことが大切」と初のコンセプトショップについての抱負を語る。

 アッシュ・ペー・フランスのPR01事業部が独立する形で昨年12月に設立された同社は、最近は「シブヤファッションフェスティバル」や台北でのクールジャパン事業など、国や地方自治体との取り組みが増えている。2016年には阪急電鉄とコンサルタント契約を結び、梅田の街作り事業に参画した。大阪と地縁がある松井社長が、昔から親しみを感じていた中崎町に新たな拠点を作りたいと今回の出店を決めた。

 中崎町の魅力については「空襲で焼け残った昔の町並みと今の建物とのバランス感が大好き。都会の中にありながら不思議と落ち着く。誰にとっても地元感が感じられる町」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。