ビジネス

百貨店10月度は全5社が増収 台風で客足鈍るも訪日客と富裕層が下支え

 百貨店大手5社の10月度の売上高は、3カ月連続で全社が前年実績を上回った。既存店ベースで三越伊勢丹が前年同月比0.6%増、高島屋が同2.3%増、大丸松坂屋百貨店が同1.2%増、そごう・西武が同0.1%増、阪急阪神百貨店が同3.6%増だった。当月は2週連続で台風が週末に接近し、前年同月に比べて土曜日が1日少なかったが、引き続き好調な訪日客(インバウンド)と富裕層による消費に下支えされた。

 主力の中間層向けの衣料品は苦戦が目立った。秋らしい低い気温はプラス要因だったが、稼ぎ時の週末を台風に直撃されたのが痛手になった。婦人服が同3.9%減だった高島屋は「コートは2割増で推移したが、後半の悪天候で客足が落ちた」という。三越伊勢丹は基幹3店(伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店)の婦人服で前年並だったが「コートが好調なのに対し、中に着るニットやブラウスが低調だった」。

 一方、それらを補ったのが訪日客と富裕層の購買意欲だ。免税売上高は大丸松坂屋が約2倍、高島屋が同62%増、三越伊勢丹の基幹3店が同55%増、シェアは小さいがそごう・西武も同90%増だった。日経平均が21年ぶりの高値を記録する中、富裕層による高額品消費に拍車がかかっており、高島屋は特選が同8.8%増、大丸松坂屋では時計・宝飾が同13%増と高い伸び率を維持している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら