ニュース

11人の山田優が美髪をアピール 30〜44歳ターゲットの白髪染めイベントで

 モデルの山田優が10月26日、ホーユーのホームヘアカラー「シエロ(CIELO)」の新商品「デザイニングカラー」PRイベントに登場した。タレントのざわちんによるものまねメイクを施されたモデル10人に紛れてステージに登場した山田は、「緊張しました。私とわかってもらえるのかなって」と苦笑い。トークショーでは「髪色とファッションの雰囲気を合わせたりします。明るい色のトーンだったらモードっぽくしたり」と、ファッションとヘアカラーのコーディネートについて語った。

 同企画は「シエロ」のラインアップ11色にちなみ行われたもの。白髪染めには抵抗があるが、まだらに出てきた白髪は隠したいという30〜44歳の女性をターゲットに、豊富なカラーを用意した。黒髪をブリーチして色素を入れながら白髪も同じトーンに整えるために、新処方のリッチオイル2剤を採用。白髪と黒髪の色馴染みがアップした他、種類が少ないと言われてきた、白髪染めのカラーバリエーション強化を実現させた。

 モデルたちにメイクを施したざわちんは「メイクがナチュラルなのでメイクでどこまで似せられるかが問題だった」「山田さんの印象は笑顔の口元という人が多いのですが、目元もインパクトがあってミステリアスなので、そういう目のモデルを探すのに苦戦しました」と語ると、山田は「自分でも似ていると思います。私にそっくりな10人が出てきて、とてもびっくりしました」と笑った。

 会場には商品のターゲット層である30〜40代のインフルエンサーも来場し、山田に憧れの眼差しを向けながら「かわいい!」を連発。「ホームトリートメントを週に1〜2回。あとは頭皮のマッサージをしています。髪の毛だけじゃなく、体型維持やお肌のことについても、続けることが大切だと思っています」と自宅でのビューティケアを語ると、インフルエンサーたちは熱心に耳を傾けていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら