ファッション

“インスタ映え”するブースが出現 フォトジェニックなアート展

 
 インフルエンサーマーケティングを行うザクー、リデル、セブンシャッフルズの3社はビニール・ミュージアム(VINYL MUSEUM)実行委員会を組織し、アート展「ビニール・ミュージアム」を表参道のバツ アートギャラリー(BA-TSU ART GALLERY)で開催する。期間は12月13〜25日。

 同展は、フォトジェニックを追求した立体作品やウォールアートをメーンとした10ブースで構成する。各ブースは“非日常のWonderな旅”がテーマで、世界中のさまざまな場所をイメージ。いずれも来場者が見て楽しむだけではなく、思わず写真を撮りたくなるような“インスタ映え”するアートな空間。同展限定のプロダクトも販売する予定だ。

■ビニール・ミュージアム
日程:12月13〜25日
時間:11:00〜21:00 ※45分の入れ替え制
場所:バツ アートギャラリー
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-5
入場料:1500円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら