ビジネス

ノードストロムが上場廃止を延期

 米百貨店ノードストロム(NORDSTROM)の創業家、ノードストロム一族は上場廃止を年明け以降に延期する。今年のホリデーシーズンを終えた後に、上場廃止に向けた活動を再始動する計画だ。

 同社の株式の30%を保有するノードストロム一族は、6月に自社株式の買い戻しによる上場廃止の検討を開始。9月に投資会社のレオナルド グリーン アンド パートナーズ(LEONARD GREEN & PARTNERS)との提携が目前とされ、上場廃止も間近といわれていた。

 レポートによると、ノードストロムは資金調達がうまくいっておらず、また、今年のホリデーシーズンの売り上げが好調となることを見込み、同繁忙期終了後で、ノードストロムに負担にならない方がより銀行や投資会社からの融資も得やすいだろうとしている。同社は資金調達の進捗についてコメントを控えている。

 この発表を受け、ノードストロムの16日の株価は13日終値の42.65ドル(約4776円)から一時5.3%減の40.22ドル(約4906円)まで下がった。

 インターネット全盛の今日、企業が多く店舗を閉鎖している状況に鑑みると、店舗主体の小売り企業にとっては資金調達が難しい環境だ。しかし、ノードストロムはデジタル化や先進的なサービス、その他のイノベーションに積極的に投資しており、米国屈指の小売り企業とされている。また、店舗数も競合他社に比べて少なく、業績も悪くない。加えて、アウトレット業態も十分に開発されている。ホリデーシーズンの結果がよければ、資金調達もしやすくなるとみられる。

 同社は10月26日にアウトレット業態、ノードストロム・ラック(NORDSTROM RACK)のマンハッタン2号店を出店する。また、2018年から19年にかけてマンハッタンに4棟約3万4000平方メートルの旗艦店もオープン予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。