ビジネス

フルラが絶好調で上場延期 日本も2ケタ増

 フルラ(FURLA)の2017年度1〜6月期は、売上高が前年同期比23%増の2億3800万ユーロ(約309億円)だった。特に好調だったエリアはアジア太平洋地域で、同63%増を記録した。アルベルト・カメルレンゴ(Alberto Camerlengo)=フルラ最高責任者(CEO)は「アジアは堅調な成長マーケット。フルプライスで販売している。このエリアでディスカウントは必要ない」と説明する。フルラはフルプライスビジネスに集中するため、アマゾンへの出品を停止した。

 また、日本、ヨーロッパ、中東、アフリカでそれぞれ同16%増だった。本拠地のイタリアを含むヨーロッパ、中東、アフリカ地域の売り上げは世界全体の45%、日本は24%、アジア太平洋地域は24%、アメリカは7%を占める。

 メンズとトラベルリテール事業の快進撃も続いている。特にアジアではメンズが同233%増の成長を記録。18年1月のピッティ・イマージネ・ウオモでは、ウィメンズとメンズのアイテムを同時発表する。また、トラベルリテール事業は現在292の販売拠点を持っており、同47%増を記録した。

 この好調を受け、フルラはTIPタンブリ・インベストメント・パートナーズ(TIP TAMBURI INVESTMENT PARTNERS以下、TIP)との提携で18年に上場を予定していたが、延期することを発表した。

 「生産機能の強化が必要。だが、キャッシュを増やす必要はない」とジョヴァンナ・フルラネット(Giovanna Furlanetto)=フルラ社長。しかし、好調だった16年度の業績をさらに上回る今期の好調は、フルラネット社長も「予想外だった」という。

 フルラは年内に香港、北京、プラハに新店舗をオープン予定。さらに、カナダとニュージーランドへの進出も計画もしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。