ビジネス

フルラが絶好調で上場延期 日本も2ケタ増

 フルラ(FURLA)の2017年度1〜6月期は、売上高が前年同期比23%増の2億3800万ユーロ(約309億円)だった。特に好調だったエリアはアジア太平洋地域で、同63%増を記録した。アルベルト・カメルレンゴ(Alberto Camerlengo)=フルラ最高責任者(CEO)は「アジアは堅調な成長マーケット。フルプライスで販売している。このエリアでディスカウントは必要ない」と説明する。フルラはフルプライスビジネスに集中するため、アマゾンへの出品を停止した。

 また、日本、ヨーロッパ、中東、アフリカでそれぞれ同16%増だった。本拠地のイタリアを含むヨーロッパ、中東、アフリカ地域の売り上げは世界全体の45%、日本は24%、アジア太平洋地域は24%、アメリカは7%を占める。

 メンズとトラベルリテール事業の快進撃も続いている。特にアジアではメンズが同233%増の成長を記録。18年1月のピッティ・イマージネ・ウオモでは、ウィメンズとメンズのアイテムを同時発表する。また、トラベルリテール事業は現在292の販売拠点を持っており、同47%増を記録した。

 この好調を受け、フルラはTIPタンブリ・インベストメント・パートナーズ(TIP TAMBURI INVESTMENT PARTNERS以下、TIP)との提携で18年に上場を予定していたが、延期することを発表した。

 「生産機能の強化が必要。だが、キャッシュを増やす必要はない」とジョヴァンナ・フルラネット(Giovanna Furlanetto)=フルラ社長。しかし、好調だった16年度の業績をさらに上回る今期の好調は、フルラネット社長も「予想外だった」という。

 フルラは年内に香港、北京、プラハに新店舗をオープン予定。さらに、カナダとニュージーランドへの進出も計画もしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら