ファッション

原美術館が3日間限定で入館無料 「フルラ」のアート支援活動の一環で

 イタリアのレザーグッズブランド「フルラ(FURLA)」は、アート支援活動「フルラ アートパトロネージチャリティ」の一環として、7月28~30日に東京・品川の原美術館(東京都品川区北品川4-7-25)で、「フルラ デー(FURLA DAY)」を実施する。期間中、入館の際に受け付けで、ブランドの公式サイト上の特設ページの画面か印刷した紙を提示すれば、本人と同伴者1人が無料で入館可能。「メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2015-2017 漂泊する想像力」展を鑑賞できる。「フルラ デー」を通じて、同ブランドはより多くの人に気軽にアートを楽しむ機会を提供する。

 「フルラ」は2016年、創業90周年に向けた取り組みの一つとして、日本で「フルラ アートパトロネージチャリティ」をスタートした。昨年秋には、浜崎あゆみやローラ、小嶋陽菜、夏木マリら著名人10人がアイコンバッグの“メトロポリス”をカスタマイズしたアイテムのチャリティオークションを実施。その売り上げ全額を原美術館に寄付しており、今回同美術館で「フルラ デー」を初開催することになった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら