ファッション

資生堂とCチャンネルが共同企画 若年層向けのワンデー用ヘアカラーをEC限定発売

 資生堂と日本最大規模の女性向け動画ファッションマガジンを運営するCチャンネル(C Channel)は10月20日、若年層に向けた共同企画品としてヘアカラーパレット「S ヘアチョークパレット」を発売する。商品はCチャンネルが運営するECサイト「チアクローゼット(CHEER CLOSET)」で販売し、Cチャンネルが起用した“クリッパー”と呼ばれるタレントや読者モデルなどのインフルエンサーが登場する動画をプロモーションに活用していく。

 「S ヘアチョークパレット」は、10~20代女性の「ファッションやシーンに応じて髪の色を気軽に変えておしゃれを楽しみたい」というニーズに応えた商品。 “エラグレイ”“ベルゴールド”“クララブルー”“ナンシーグリーン”“ステラピンク” といった、くすみ系カラー5色をそろえ、ファンデーションのようにパフで髪の毛を挟んで滑らせるだけでカラーを楽しむことができる。今回の共同企画について、資生堂の魚谷雅彦・社長は「資生堂は10~20代のミレニアル世代との接点を作りたいという経営課題を持っていた。Cチャンネルが持つ動画メディアはそういった世代とコミュニケーションが取れ、トレンドもすぐに形にできる。共に新しい価値の創造を目指していく」と述べた。また、今後の展望についてCチャンネルの森川亮・社長は「2015年春の立ち上げから、動画やクリッパーを通じてさまざまな商品やコンテンツを紹介し、昨年末からはさらに一歩踏み込み、商品を紹介して販売するというeコマース事業を立ち上げた。そして今回、初めて化粧品プロデュースを行った。これは大きなチャレンジであり、この事業を成功させて引き続き一緒に取り組みを行っていきたい」と語った。
  
 実店舗での販売予定はなく、第2弾商品についても未定だが、資生堂の持つ品質と商品開発のノウハウ、Cチャンネルの持つメディアパワー、動画制作力、人軸のEC展開を強みに「これからも柔軟に取り組み、追求していく」(魚谷社長)と意気込みを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。