ファッション

アレクサ・チャンのブランドが日本上陸 パリですぐ買えるプロム風のショーを披露

 ブルーベル・ジャパンは2017-18年冬から、英モデルやTVプレゼンターとして知られるアレクサ・チャン(Alexa Chung)のファッションブランド「アレクサ チャン」の独占輸入販売権を獲得した。

 パリ・ファッション・ウイーク期間中の9月29日には、現在販売中の17年秋のプレゼンテーションをパリ9区にあるリセ(日本の高校に相当する教育機関)のホールで行った。会場はプロム(卒業ダンスパーティー)をイメージし、カラフルなバルーンや紙吹雪が飾られ、バンド演奏をBGMにした空間。一見華やかではあるが、モデルたちは終始気怠そうな表情でポーズを決めている。イベント名を「Prom Gone Wrong(うまくいっていないプロム)」と題し、ハッピーなムードに欠けるパーティーでの一面や、思春期の少女たちのブルーで憂鬱な感情などを表現した。

 シルバーのミニドレスを着たモデルの側には、そのボーイフレンド役として黒いベルベットにビジューをあしらったスーツを着たウィメンズモデルが寄り添っている。

 「アレクサ チャン」は17年5月にスタートしたウィメンズのファッションブランド。イギリスを拠点にアレクサ本人がディレクションする。スプリング、サマー、オータム、ウィンターの年に4コレクションを展開。パリコレ期間中には1~2月デリバリーの冬コレクションを“ファンタスティック”、3月から販売する春コレクションを“ヴァージニア”と題し、パリで展示会を開いた。現在はイギリス、アメリカ、フランス、ドイツなど15カ国で取り扱っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら