ファッション

GACKTがセクシードレスをプロデュース 「世の中の男性をドキドキさせてほしい」

 ドレス&ロングドレスの通販サイト「デイジーストア(DAZZY STORE)」などを運営するデイジーは9月27日、ミュージシャンのGACKTをプロデューサーに迎えた新ブランド「マーガレット ノクターン(MARGARET NOCTURNE)」を発表した。

 ブランドは、“マーガレット”の白い花と”ノクターン”の夜の黒のような女性の二面性を表現。会見でGACKTは、「少女のような可憐な一面と夜を舞う大人らしさの両面を併せ持つ女性をブランドの女性像としている。例えば、パッと見はシックで落ち着いた印象でも、背中はセクシーに肌見せしていたり、胸元がちらっと見えるようなデザインだったり。世の中の男性をドキドキさせてくれるような女性をイメージした」と説明した。黒を基調にしたドレスは全10型をそろえ、価格帯は7900〜1万5000円。「デイジーストア」で予約販売中だ。

 私服も自分でデザインするというGACKT。この日は、25パターンあるオリジナルデザインの中から、自慢のサルエルパンツで登場した。

 2007年創業のデイジーは、「デイジーストア」をオープンし、翌年には歌舞伎町に実店舗を設けた。現在は、“キャバクラ嬢”ドレスライン「デイジークイーン(DAZZY QUEEN)」やリトルブラックドレスライン「デイジーブラック(DAZZY BLACK)」、結婚式や2次会、女子会向けの「デイジーエンジェルス(DAZZY ANGELS)」などのオリジナルブランドも手掛け、那覇や札幌などに4店舗を持つ。9期連続の増収で、売上高は40億円を計上している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら