ファッション

江原美希が体を張っておしゃれにお掃除!? 「クイックルワイパー」新ビジュアルに登場

 花王は9月25日、住居用掃除道具「クイックルワイパー」の数量限定カラー、ブラックの発売に合わせ、ドンナ所属のモデル、江原美希を起用したビジュアル広告を公開した。白を基調にした部屋の中で江原は、黒い「クイックルワイパー」に合わせて、ブラックのワントーンコでーディネートし、体全体を大胆に動かして、壁や床、階段、テレビやアートフレームの縁、階段、窓をお掃除。ブラック&ホワイトのコントラストが目を引く7つのシーンのビジュアルを完成した。

 掃除道具とトップモデルの異色のコラボについて、同社は「商品のイメージ刷新を図るため、“世界で活躍する江原美希は掃除道具をどこまでスタイリッシュに魅せることができるのか”をテーマに、黒の『クイックルワイパー』の魅力を最大限に引き出すさまざまなポーズを撮影した」という。江原も「お掃除道具をスタイリッシュに見せるというチャレンジの斬新さにやりがいを感じ、撮影に挑みました。『クイックルワイパー』はアルバイトしていた時によく使っていましたね。いつも早番で、靴箱の上やレジまわりの掃除をしたり。今回の撮影は、普段のファッション誌のポージングよりも難しいものが多かったですが、一番始めに撮影した階段でのシーンで、“アイーン”のようなポーズをしたのがとても印象に残っています(笑)」とコメントした。

 今回のビジュアル制作には、アートディレクターにれもんらいふの千原徹也、カメラマンに宮原夢画、スタイリストに飯島久美子、オリジナルポーズ監修にラッキィ池田&彩木エリ夫婦をそれぞれ起用した。なお衣装は、飯島が手掛けたもの。メイキング動画は公式サイトで公開されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら