フォーカス

新生「ディオール」がミレニアル世代から支持、マリア・グラツィア・キウリが語る

 2017年春夏の全国37店舗の百貨店のインターナショナル売り場の取材を通じて印象的だったのは、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)による新生「ディオール(DIOR)」の好調だ。キウリは16年7月に「ディオール」のアーティスティック・ディレクターに就任し、7人目にして「ディオール」初の女性クチュリエとなった。デビューコレクションは、17年春夏のプレタポルテ。そして、そのコレクションは早くも売り場で動き出している。

 2~6月期、伊勢丹新宿本店は前年同期比2ケタ増をマークした。特筆すべきは顧客層の変化にある。伊勢丹新宿本店の橋爪紀之=特選・宝飾時計統括部特選商品部長は、「40代前半までの顧客層は同60%増と伸長した」と述べる。阪急うめだ本店も同20%増、丸井今井札幌本店も同37%、高島屋(全店)も同30%増と絶好調だった。

 キウリはミレニアル世代の娘の母親でもある。ギンザ シックスのオープンに合わせ4月に来日したキウリが「WWDジャパン」に語った言葉の中に、「ディオール」を通じて見せるフェミニニティーやエレガンスの新しい解釈が見えた。

WWDジャパン(以下、WWD):2017年春夏オートクチュールのファーストルックで提案したオーバーサイズのフード付きの“バー”ジャケット(“バー”ジャケットはクリスチャン・ディオールが1947年のデビューコレクションで発表したもの。極端にウエストをシェイプしたフェミニンでエレガントなシルエットが“ニュールック”と呼ばれるようになった)が意表を突いていて印象的だった。

マリア・グラツィア・キウリ=アーティスティック・ディレクター(以下、キウリ):アイコンである“バー”ジャケットに新しい解釈を加えたくて、スポーティな要素と、赤ずきんちゃんのような少し妖精的な要素を加え、自分を守るものとしてフードを付けました。服は、自分を表現するものであると同時に自分を守るものだと思います。2017-18年秋冬はユニホームからイメージを広げましたが、パーソナライズしたユニホームを着ることによって、自分自身を守りつつも、気分が上がると考えました。個人的な経験からですが、最近は、自分の中に籠りたいと思うことがあります。自分自身ともっと近づきたいというか……。特に今、こういう生活をしていると、もっと自分のスペースを守りたいと思うことが多々あります。そういう時に、自信を与えてくれる服もあるのです。

WWD:妖精の要素は子供の頃の記憶やローマで過ごした日々の思い出から来ているのか?

キウリ:私は、ローマ生まれのイタリア人ですが、今はフランスブランドのデザイナーです。これまで世界各地で過ごしてきたので、インスピレーションがどこから来ているかを特定するのは難しい。フランスの“コード”もきちんと守りたい。加えて、イタリア人である私の視点、私の解釈を入れたいとも考えています。イタリアとフランスは、クラフトマンシップやクオリティーにこだわりますが、同時に違いもあります。フランスではオートクチュールが生まれ、イタリアではプレタポルテが生まれました。フランスは伝統を重んじ、イタリアはもっとファッション性があります。両者のバランスを取りながら表現したい。受け継がれてきたものをきちんと維持しながら、今の流行りを取り入れたいと考えています。