キャリアコラム

面接には、その企業の洋服を着て行かなくちゃダメ? エイ・ネット:販売職編

[box class="clearfix"]
 「ファッション就活相談室」第2回は、「ツモリチサト(TSUMORI CHISATO)」や「メルシーボークー、(MERCIBEAUCOUP,)」「ネ・ネット(NE-NET)」などの人気デザイナーズブランドを手がけるエイ・ネット。今回は、同社の販売職の新卒採用について、エイ・ネット総務人事部の田中春菜さんに話を聞きました。エントリーシート(以下、ES)提出から入社まで、各項目で人事担当が重視するポイントを解説しながら、一連の流れを紹介します。
[/box]

志望企業のブランドの洋服を着なくちゃダメ?

WWDジャパン(以下、WWD):販売職の新卒採用に関するステップを教えてください。

田中エイ・ネット総務人事部(以下、田中):採用エリアによって異なりますが、基本的には1.マイナビからエントリー(ESの提出)→2.一次面接→3. 二次選考(グループディスカッション)→4.最終選考(個人面接)→5.面談→6.内々定→7.懇親会→8.2日間研修→9.入社前研修を経て入社になります。

WWD:マイナビからのエントリーは他社と同様のステップですね。

田中:はい。エントリーシートの書類選考の後、一次面接にご案内します。説明会参加を必須にしている企業も多いようですが、エントリーするための必須事項にはしていません。

WWD: ESではどのような質問を聞いていますか?

田中:「当社以外でどのようなブランドやショップが好きですか?」「当社のショップを見て、良かったところ、また改善できるポイントは?」などです。最初の質問では、もちろん当社のブランドのファンでいらっしゃる方も歓迎なのですが、ファッションについて幅広く興味がある人に受けていただきたいと思っています。純粋にどういうお店を普段見ていて、どのようなブランドが好きなのかに興味があります。また、後者の質問では、やはり“ブランドの顔”として店頭に立っていただく人材を採用するにあたり、事前に店舗には足を運んでもらいたいと思っています。

WWD:他に、ESで重視していることはありますか?

田中:「趣味は何ですか?」「今ハマっていることはなんですか?」などです。選考を通して見たいのはその人の“人物像”。どのような人柄なのかを第一に見たいと思っています。また販売員はお客さまと話す内容は洋服だけに限りません。趣味があったり、いろいろなことに興味があったりの個性は、強みになると思います。

次ページ:面接では、いかに“清潔感”があるかどうかを見る ▶