ビジネス

“ヒートテック”が自販機で買える 「ユニクロ トゥー ゴー」デビュー

 ユニクロ(UNIQLO)は、アメリカの空港やショッピングセンターに自動販売機「ユニクロ トゥー ゴー(UNIQLO TO GO)」を設置する。“ヒートテック”など、「ユニクロ」を代表するライフウエア(LIFEWEAR)を販売する同自販機は、8月2日にオークランド空港に第1号機が登場。続いて、10日にロサンゼルスのハリウッド&ハイランドセンター、17日にヒューストン空港、22日にニューヨーク州エルムハーストのクイーンズ センターに設置する。さらに6機の設置も近々発表予定だ。

 ユニクロの広報によると、同社は空港やモールのオーナーに最もトラフィックの多い場所を特定するように直接交渉しており、アミューズメントパークや駅、映画館などとも交渉しているという。

 「いつでもどこでもわれわれの商品への需要を喚起したい。新しくて簡単な購買方法の提供だ」と滝寛志ユニクロUSA最高経営責任者。「『ユニクロ トゥー ゴー』はわれわれの“ライフウエア”の中でもベストなものを販売する。旅行者にかさばらない暖かいジャケットや便利な下着を、ボタン一押しで。顧客のリアルなニーズに応えたいし、この新しいコンセプトを通して、より多くの人にリーチしたい」と語る。

 販売機のタッチスクリーンで商品をカートに入れて購入。デビットカードやクレジットカードで決済でき、購入手続きが済むと、ロボットアームが商品を受け取り口まで運ぶ。“ウルトラライトダウン”はナイロンのドローストリングスバッグに入って69.90ドル(約7600円)、缶に入った“ヒートテック”のトップスは14.90ドル(約1600円)だ。

 なお、日本での同販売機の導入は今のところ予定していないという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

16人の編集長が語る「私たちがイベントに取り組む理由」、目指すは「イマーシブ メディア」【WWDBEAUTY付録:ヘアケアのプレミアム化が業界を変える】

11月27日発売の「WWDJAPAN」は、メディア特集です。 アフターコロナ時代を迎え、ファッションやビューティ業界では、イベントが百花繚乱。そんな業界に寄り添ってきたファッション&ビューティメディアも、この秋はイベントに積極的でした。今秋は、周年のお祝いから社会課題に対するアティチュードの発信まで、多くのメディアがほぼ毎週、全国各地でイベントを開催。かつては「マスメディア」と呼ばれていたにもかか…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。