ファッション

「シャネル」世界初の自動販売機がギンザ シックスに

 「シャネル(CHANEL)」は、コスメの自動販売機を20日にオープンするギンザ シックス店に世界初導入する。商品の第1弾は、「ルージュココ」12色(各3900円)。パネルで好みの色をタッチすると、商品がショッパーに入った状態で下の受け取り口から出てくる仕組みだ。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応しており、支払いはカード決済のみ。取扱商品の拡大などついては、未定だ。

 「シャネル」のPR担当は「店舗の中で丁寧なカウンセリングをすることもサービスだが、その逆でキオスクのように欲しい商品をすぐに提供することもサービスだと考えた。指名買いの需要にも応えることができる」と話す。

 ギンザ シックス店には、スキンケア、メイクアップ、フレグランスの3カテゴリーのスペシャリストを店舗初導入する。また、フレグランスは一部店舗限定だった商品を常設で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。