ファッション

「ルイ・ヴィトン」の秋冬キャンペーンが公開 ショートムービーも

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、2017-18年秋冬コレクションの広告キャンペーン“Series 7”のビジュアルとショートフィルムを公式サイトで公開した。撮影は昨シーズンに続きブルース・ウェーバー(Bruce Weber)が担当。映画のようなロマンチックなバレエ仕立てのストーリーを展開する。
 
 モデルには、女優のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)やソフィー・ターナー(Sophie Turner)、ライリー・キーオ(Riley Keough)、ジェイデン・スミス(Jaden Smith)らが登場する。ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=「ルイ・ヴィトン」アーティスティック・ ディレクターのファンというソフィーは、彼のクリエイションの魅力について「『ルイ・ヴィトン』のアイデンティティーを踏襲しながら、毎シーズン影響を受けたカルチャーなどの世界観をコレクションにさりげなく反映している」とコメント。ブルースとの撮影は同キャンペーンが初めてで、「彼とのコラボレーションはかつてないほど貴重な経験だった。撮影はエネルギーに満ち溢れていて、現場の雰囲気はマイアミで仲間たちとくつろいでいるようなリラックス感さえ漂っていた。信じられないほど素晴らしい撮影だった」と絶賛した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら