ファッション

これってアリ? ケンダルとカイリーのバンドTシャツがネットで大炎上

 ケンダル&カイリー・ジェンナー(Kendall,Kylie Jenner)姉妹が、キッス(以下、KISS)やメタリカ(METALLICA)などのロックバンドのTシャツに自分たちの顔をプリントして“ビンテージTシャツ”として販売し、物議を醸している。

 問題のTシャツは2人が2016年に立ち上げたブランド、「ケンダル+カイリー(KENDALL+KYLIE)」公式サイトで125ドル(約1万4000円)で販売中だ。KISSやメタリカのほか、ピンクフロイド(Pink Floyd)、ドアーズ(The Doors)などのロックバンドから、2パック(2Pac)、ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)などのヒップホップアーティストの古着のTシャツが使われている。

 ケンダルがKISSのバンドTシャツを着用した、同ブランドインスタグラムの投稿にはいいね!が8万件以上つけられている一方、コメント欄には「本物のアーティストであるKISSに失礼。2人のクリエイティビティーは彼らに到底及ばないのに」「そもそも2人はKISSを知っているの?」「これは“ビンテージ”とは呼べない」といった声が寄せられている。

 また、ケンダルとカイリーの2人はこの物議についてコメントを控えている。

 なお、ケンダルはメタリカや2パックのTシャツを好んで着用していおり、2月の「Vマガジン(V Magazine)」のパーティーにも2パックのビンテージTシャツを着ていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら