ファッション

史上最高値の「ロレックス」! 13人がオークションで争う

 スイス・ジュネーブで開かれたオークションで、「ロレックス(ROLEX)」の腕時計が506万6000スイスフラン(約5億7250万円)の値段で落札された。ベトナムの阮(グエン)朝大南国最後の皇帝バオ・ダイの遺品は、13人が8分間にわたり熾烈なオークションを展開。最終的には電話越しで、身元非公開の参加者が落札した。オークションの主催者は、「アイコニックな『ロレックス』の時計でありながら、最初の持ち主は皇帝という貴重な逸品」と話した。

 時計は18金イエローゴールドで、黒の文字板にはダイヤモンドが輝いている。ムーンフェイズを備えたパーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)搭載と、近年の「ロレックス」にしては珍しい複雑機構搭載時計だ。

 時計の世界では昨年、「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」の時計が1100万ドル(約12億4300万円)という破格の値段で落札されたことがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら