ファッション

「シュプリーム」のメトロカードが56万円

 「シュプリーム(SUPREME)」がニューヨークの地下鉄を運営するメトロポリタン・トランスポテーション・オーソリティー(METROPOLITAN TRANSPORTATION AUTHORITY 以下、MTA)とコラボしたメトロカードが現在、イーベイ(eBay)を始めとするサイトで高値でオークションにかけられている。コラボカードは2月20日、市内の地下鉄の駅で発売。1枚5.50ドル(約616円)だったが、すでに完売しており、ネットでの転売が始まっている。

 オークションサイトのイーベイでは5000ドル(約56万円)で売られているカードもある。また、「シュプリーム」商品を転売している市内のリセールショップは、1枚25ドル(約2800円)で販売している。

 MTAによると、メトロカードの転売には、罰金60ドル(約6700円)が課せられる。今回の件について、「シュプリーム」およびMTAからコメントを得られていない。

【関連記事】
■「シュプリーム」のディレクターが退任
■「ルイ・ヴィトン」×「シュプリーム」、7月発売
■盗用か?オマージュか? 「シュプリーム」新作が話題に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら