ニュース

ステュディオスの海外1号店・香港は好発進

 トウキョウベース(TOKYO BASE)は創業10周年記念日の4月25日、海外1号店となるステュディオス香港店をオープンした。売り場面積は約99平方メートル。白を基調とした店舗デザインは谷尻誠と吉田愛率いる建築設計事務所のサポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd)が担当し、竹や木目によって和の空間を演出した。

 香港出店の理由は、アジアの中心地であることを挙げ、4年以上のリサーチと人材育成を経ての出店となる。昨年、納会で谷正人・社長は「1店舗からスタートするが、世界で成功できるか、将来を決める重要な店。大人の事情やハードルの高さはあるが、海外で成功している(日本)ブランドはないので、ぜひ成功させたい」と話していたが、同社の広報によると「売り上げは上々。手応えは掴めている」という。

 香港店のオープンを記念し、「ポーター(PORTER)」と「ジョンアンダーカバー(JOHN UNDERCOVER)」とのコラボレーションアイテムを限定発売した。「ポーター」とはオールホワイトのアイテムを、「ジョンアンダーカバー」とはオリジナルグラフィックのアイテムを同じく3型用意した。なお、「ポーター」とのコラボアイテムはSNSでの反響からステュディオス全店でも取り扱うことになった。