ニュース

「イヴ・サンローラン・ボーテ」の旗艦店がオープン 世界初のVIPルームを併設

 「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」は、日本初のフラッグシップブティックをギンザ シックス(GINZA SIX)地下1階にオープンした。黒と赤を基調とした店内には、メイク、スキンケア、フレグランスの他、限定品が展開され、さらにはここにしかない、よりパーソナルなサービスが多数用意されている。

 目玉となるのが、併設する世界初のVIP向けのプライベートルーム「レコーディング スタジオ」。レコーディングスタジオをイメージした空間で、リクライニングタイプのチェアや同伴者が利用できるソファも用意。調光可能な照明を取り付けられていることで、昼間や夕方、ディナータイムなどシーン別のメイクレッスンが受けることが特徴だ。また、自分のスマートフォンをブルートゥースで接続でき、お気に入りの音楽を聴いたり、メイクレッスンの様子を撮影したりできる。スタビライザーなども用意され、レッスンを受ける人だけでなく、同伴者の男性や子どもなども楽しめる空間だ。同ルームを使用できるのは、2016年1~12月の間に10万円以上の購入者。

 また、同店限定品として、ムッシュ・イヴ・サンローランがデザインしたアイコニックなワードローブにオマージュを捧げて生まれたフレグランスコレクションの「ル ヴェスティエール デ パルファム ニュイ」が登場。限定のサービスでは、眉を分析から、なりたい印象やイメージに合わせた眉の書き方を10分間でアドバイスしてもらえるなどの、3種類のクイックサービス他、ギフトラッピングサービスなどがそろっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら