ファッション

柴咲コウがH&MのGWキャンペーンのアンバサダーに

 H&Mジャパンは初の日本独自のキャンペーンとして、ゴールデンウィーク企画に女優の柴咲コウを起用した。大河ドラマの撮影が続く中、貴重な休日を返上して撮影に臨んだ柴咲に、「H&M」に対するイメージや、キャンペーンのアンバサダーを受けた理由、さらには、今後挑戦してみたいことなどについて話を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):H&Mに対して抱いていたイメージは?

柴咲コウ(以下、柴咲):たくさんのお店があって、季節によってコンセプトが変わったり、いろいろなタイプの服やアクセサリーがあるので、一点取り入れたり、トータルコーディネートしたり、いろいろな楽しみ方ができるブランドですね。ボヘミアンぽいものもあったり、パーティー向けのキラキラしたものもありますし、お店ではきちんとテーマを体現されていて。遊び心はあるけれども、しっかりと作られていますし、いろいろなコラボレーションにも挑戦しているブランドだと思っています。海外に撮影に行った際にお散歩で立ち寄ったりもしています。

WWD:「H&M」のキャンペーンへの出演を決めた理由は何ですか?

柴咲:今年はゴールデンウイークを楽しめる余裕があるので、リアルに気持ちが出せると思ったのと、コンセプトがシャンパンゴールドできらびやかだったので、私もわくわくしたかったんです。カメラマンがレスリー・キーさんだということも一つの理由です。いろいろ表現ができますし、ブランドのコンセプトがしっかりしていて価値が伝えられると考えたからです。スタジオという限られた空間の中で、ワンカットワンカット趣が変わるものが撮れたと思います。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら