ファッション

東武百貨店船橋店にビックカメラ、婦人服売り場を3割縮小

 東武百貨店は、船橋店の2、3階に「ビックカメラ」を誘致し、今秋オープンさせる。現在、婦人服で構成している同フロアを改装する。ビックカメラの売り場面積は4200平方メートルで、出店に伴い、婦人服売り場は約3割減る。

 同店は東武線、JR線、京成線が乗り入れ、1日当たり48万人が乗降する船橋駅と直結したターミナル型百貨店。北口に東武百貨店船橋店、南口に西武船橋店が営業するほか、近隣にはららぽーとTOKYO-BAYなどの大型ショッピングセンターが点在する激戦区になっている。同店は売り場面積3万6000平方メートルで、売上高は400億円(2015年度)。百貨店が大型専門店を誘致する場合、上層階に入れて全体にシャワー効果を促す例が多く、駅のコンコースに面した一等地である低層階に入ることは珍しい。

 同社は「鉄道系の百貨店として、地域に密着し、沿線価値を向上させるとともに、より多くのお客さまにご来店いただくことを目指し、従来の百貨店ブランドにはこだわらない、多彩なテナントミックスを創出する」と狙いを説明。すでに池袋店には従来からある「ユニクロ」に続き、3月には「ニトリ」も開店し、集客力のある大型専門店を活用する姿勢を鮮明にしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら