ファッション

千葉市中心市街地に空洞化の懸念

11月に千葉パルコが閉店 来年3月に三越千葉店が閉店

 千葉市の中心市街地の空洞化が進んでいる。かつては県内一の商業地として、県全域から人を集めてにぎわっていたが、2000年以降は県内各地に郊外型ショッピングセンターやアウトレットモールが相次いで開業。広域からの集客力がじわじわと落ちた。その影響で11月末には千葉パルコが営業を終了し、来年3月には三越千葉店が閉店する。パルコと三越という老舗の退場によって、営業を続ける既存の商業施設も来街者の落ち込みを懸念する。

 「数年後にこの場所は様変わりしているかもしれないが、千葉パルコのことを長く思い出していただけたらうれしい」。千葉パルコの最終営業日となった11月30日夜の閉店セレモニーで、上田昭二・店長が声を詰まらせながら挨拶した。同店の最後の瞬間を見届けようと、歩道や隣接する公園を数百人が埋め尽くした。

 市内に住む40代の女性は「学生時代はパルコとセンプラ(近隣にあった商業施設のセントラルプラザ)をぶらぶらするのが楽しかった。センプラはだいぶ前(01年)になくなってしまい、今度はパルコも閉店。私と高校生の娘も最近は(郊外の)イオンモール(幕張新都心)で買い物することの方が多い」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら