ファッション

エドウインが「ジョーズ」を国内販売

 エドウイン(EDWIN)は、米カリフォルニアのプレミアムデニムブランド「ジョーズ(JOE’S)」の国内販売を秋から開始する。メーンアイテムのジーンズに加え、ジャケットやニットなどのトップス類を強化し、トータルブランドとしての認知を高める。価格はデニムジャケットが3万5000円~、ニットが2万5000円~など。エドウインの国内工場を活用した日本市場向けの商品開発もスタートする。日本の女性に向けたフィット感を追求したラインアップで、価格はインポートの80~90%程度になる予定だ。百貨店やセレクトショップを中心に販路も拡大し、3年後には上代ベースで15億円の売り上げを目指す。

 「ジョーズ」は01年にプレミアムデニムブランドとしてスタートし、07年にフルコレクションの展開を始めた。17年春夏の広告キャンペーンにはモデルのテイラー・ヒルを起用し、テイラーとコラボしたカプセルコレクションも発表している。日本では03年にエドウインの親会社である伊藤忠商事が独占輸入販売権を取得し、14年以降は東レ・ディプロモードがディストリビューターを務めていた。

【関連記事】
■「エドウイン」が原宿から世界に発信する新コンセプトショップ
■エドウインの新社長に中分孝一氏、久保現会長は伊藤忠に復帰
■伊藤忠・繊維部門は純利益55%減 16年2月期 アパレル事業で減損

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら