ファッション

エドウインが米「ジョーズ」の期間限定店をオープン

 エドウイン(EDWIN)は、米デニムブランド「ジョーズ(JOE’S)」のポップアップストアを7月19日から順次、阪急うめだ本店、高島屋新宿店、高島屋大阪店でオープンする。アメリカのトップモデル、テイラー・ヒル(Taylor Hill)とのコラボや、世界初となるジャパンメードのアイテムをそろえる。同ブランドは2017年夏、テイラーと組み、マリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)の撮影、ジョージ・コルティーナ(George Cortina)のスタイリングによるキャンペーンを実施。コラボアイテムは、デニムジャケット(3万8000円)、ジーンズ(3万3000円)をラインアップする。

 「ジョーズ」は01年、LAの空気感とロック&ロールの感性を備えたブランドとして始動した。ジョー・ダーハン(Joe Dahan)=クリエイティブ・ディレクターは、“全ての人にパーフェクト・フィットを提供すること”をテーマに、最新の機能素材を取り入れたコレクションを目指している。ローンチ以後、アメリカ全土、ヨーロッパ各国、アジア、ラテンアメリカ、中東で販売している。

 日本では、03年に伊藤忠商事が独占輸入販売権を取得、今年秋からは子会社のエドウインが取り扱うことになった。

■阪急百貨店うめだ本店 ポップアップストア
日程:7月19〜25日 

■新宿タカシマヤ ポップアップストア
日程:7月26日〜8月1日 

■大阪タカシマヤ ポップアップストア
日程:8月2〜8日

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら