ファッション

米LA「ジョーズ」、東レ・ディプロモードがディストリビューターになり、アイテムを拡充

 伊藤忠商事と東レ・ディプロモードは、アメリカ・西海岸発のカジュアルブランド「ジョーズ(JOE'S)」のウィメンズを2015年春夏から本格展開する。伊藤忠は03年、「ジョーズ」の独占輸入販売権を取得し、日本における販売を行なってきたが、今回、東レ・ディプロモードが新たなディストリビューターとなり、アウターやトップスなどのアイテムを拡充させる。なお、14年ホリデーまでは、カイタックインターナショナルが販売元だった。商品の中心価格帯は、メインアイテムのデニムパンツが2万3000〜3万9000円、デニムドレスが2万9000〜3万9000円、デニムジャケットが2万9000〜4万9000円、トップスとドレスが1万3000〜4万9000円、ニットが2万8000 〜 4万6000円、ドレスが2万4000〜4万9000円、ジャケットが1万9000 〜 5万9000円。コンテンポラリーカジュアルブランドとして、手頃な価格帯を設定。30代前半〜40代前半をコアターゲットに、20〜40代の幅広い層を狙う。百貨店と感度の高いセレクトショップを中心に販売し、初年度売上5億円(小売代ベース)を目指す。

 「ジョーズ」は01年に、プレミアム・デニム・ブランドとしてスタート。穿き心地やシルエットを納得のいくまで追求するため、1000人のフィティングを経てパターンを形成するなど、デニムウエアに特化したブランドだ。07年からは、アウターやトップスなども始め、トータルウエアブランドに拡大。現在、アメリカ国内に、ロサンゼルス・メルローズとニューヨーク・ソーホーの旗艦店を含む直営店を33店設ける。今後、15年末までに100店出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら