ファッション

「エドウイン」が原宿から世界に発信する新コンセプトショップ

 「エドウイン(EDWIN)」は11月29日、新しいコンセプトショップ「エドウイン トーキョー 原宿(EDWIN TOKYO HARAJUKU)」をオープンする。場所は東京都渋谷区神宮前3-18-23で、「ニューエラ(NEWERA)」や「コートエシエル(COTE &CIEL)」の近く。1階と2階の2フロア構成で、店舗面積は約96平方メートル。店舗では、ロンドンやパリ、ミラノの店舗で先行販売している日本製のデニムや、原宿発信の限定デニムなどをそろえる。

 1階は、インディゴブルーを色調に、ヨーロッパのエドウインストアを彷彿とさせる外観。原宿店限定のリメイクやウォッシュ加工のアイテムや、プレミアム/クラシック/モダンのコンセプトで商品を構成する「Eスタンダード・ライン」などを用意する。

 2階は、和の建築様式を現代的に解釈し、1階の洋、2階の和を折衷した。「Eスタンダード」のベーシックなラインを基調にメンズとウィメンズを幅広く扱い、ラウンジも併設する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら