ファッション

エルメスの手しごと展“アトリエがやってきた”が開幕

 エルメス(HERMES)は3月8日、表参道ヒルズ・スペース オーで9日にスタートする「エルメスの手しごと展“アトリエがやってきた”」のマスコミ内覧会を行った。同展にはフランスから皮革をはじめ、シルクスクリーン製版、磁器絵付けなどの職人が10人来日。アトリエで日々行われている職人技をデモンストレーションする。各職人に通訳がついているため、職人への質問も可能だ。

 「エルメス」といえば馬具作りからスターしたブランド。くらのアトリエは今でも、パリ、フォーブル・サントノーレ店の上階にあり15人の職人が働いている。その中の一人が来日し、くら作りを披露。「エルメス」のカレ(シルクスカーフ)に関しては、シルクスクリーンの製版からプリント、縁かがりまでの職人技を見る事ができる。このほか、バッグや時計、磁器の絵付けなど「エルメス」のクリエイションに携わる職人らの手しごとに触れられる絶好のチャンスだ。会期は19日まで、入場料無料。

【関連記事】
■「エルメス」の新展覧会は3人のアーティストにフォーカス
■「エルメス」祇園でスケートボードが楽しめる!? シルク商品の限定企画
■京都・祇園の町家を再生した「エルメス」期間限定店 第一弾テーマはスカーフの“再生”
■「エルメス」祇園がおとぎの森に ハートの“カレ”を限定販売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら