ファッション

現役東大生が「ケイスケヨシダ」と“東大生向け”ブルゾン製作

 ファッションに特化したクラウドファンディングサービス「クロス(CLOSS)」は、現役東大生と「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」による東大生向けオリジナルブルゾンの共同製作プロジェクトを開始する。資金集め期間は3月8〜30日。

 現役東大生の2人が、吉田圭佑「ケイスケヨシダ」デザイナーを迎えてプロジェクトを企画。「東大生であることにもっと自信を持ちたい」という学生たちの要望を聞き入れながら、吉田デザイナーがブルゾンを手掛けた。ビジュアルは女性写真家の草野庸子が担当し、モデルは東大生ではなく、雑誌でも活躍する筒井のどかとフジエタクマが務める。胸にペンを2本挿せるポケットや、フラップをめくると学生証を見せびらかすためのパスケースがついたデザインで、ボタンには「TOKYO UNIVERSITY」の文字を刻印した。

 ブルゾンはフリーサイズで、“超早割”は30着限定で2万円、“早割”は70着限定で2万5000円、通常は3万円など。高校生・受験生に向けた「勉強法アドバイス、受験生応援60分」(3000円)や「家庭教師指導4時間」(1万円)などのブルゾン以外のリターンも用意する。

【関連記事】
■「ケイスケヨシダ」2017年春夏コレクションの全ルックはコチラから
■祝14歳! 中学生インフルエンサーYOSHIの誕生日に一問一答
■多摩美の学生によるニットウエアの展覧会が開催
■社長は23歳 ファッションの学生団体を株式会社化
■AKB衣装制作会社による学生服が発表 採用校は?
■大阪文化の学生がコスプレバンドの新コスチュームを製作

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら