ニュース

ワールドの持ち株会社体制移行 国内事業会社の詳細を発表

 ワールドは、2017年4月1日(予定)に持ち株会社体制に移行することに伴い、国内に設立する事業会社の詳細を発表した。ワールドを母体に、国内既存ブランド事業を販路や分野ごとに事業分けすることで、市場変化への迅速な対応、業態ごとに異なる収益構造の効率化を目指す。生産から販売、各種サービスにいたるまでのプラットフォームの開発を推進し、競争力を強化するのも狙いだ。

 百貨店ウィメンズ事業はフィールズインターナショナル、メンズ&スポーツ事業はエクスプローラーズトーキョー、雑貨事業の一部はワールドライフスタイルクリエーション、ジュエリー事業はココシュニック、ミドルロワー第一事業はスタイルフォース、ミドルロワー第二事業はアルカスインターナショナル、卸事業はワールドアンバー、セレクト事業はインターキューブ、SC・ストア事業はイノベーションリンク、ファッション雑貨事業はイッツデモ(4月1日付でファッションクロスに商号変更予定)、アウトレット事業はワールドストアパートナーズを承継会社とする吸収分割になる。なお、雑貨事業は、ワールドライフスタイルクリエーションが中間持ち株会社として、ワールドリビングスタイル(4月1日付でワンズテラスに商号変更予定)、イッツデモ、ココシュニックの3社を統括する。各事業会社の概要と帰属ブランドは以下の通り。

フィールズインターナショナル(FEELS INTERNATIONAL)
百貨店ウィメンズ事業会社
代表者:福井 淳
主な展開ブランド:アンタイトル、インディヴィ、リフレクト、クードシャンス、 リザ、スマートピンク、モディファイ、エスプリドール、 コルディア、エッシュ、スーナウーナ、エアパペル、 シンクロクロッシングズ、ジェット、エクレクティカ

エクスプローラーズトーキョー(EXPLORERS TOKYO)
メンズ&スポーツ事業会社
代表者:小堺 利幸
主な展開ブランド:タケオキクチ、アダバット、tkタケオキクチ、 ベースステーション

ワールドライフスタイルクリエーション(WORLD LIFESTYLE CREATION)
雑貨事業中間持ち株会社
代表者:西川 信一
主な展開ブランド:インデックス、ヒロコハヤシ

ココシュニック(COCOSHNIK)
ジュエリー事業会社
代表者:田中 英樹
主な展開ブランド:ココシュニック

スタイルフォース(STYLE FORCE)
ミドルロワー第一事業会社
代表者:長元 明
主な展開ブランド:ザ ショップ ティーケー、オペークドットクリップ、 ハッシュアッシュ、オゾック、ビージップ、ラ ロトンダ

アルカスインターナショナル(ARCUS INTERNATIONAL)
ミドルロワー第二事業会社
代表者:内山 誠一
主な展開ブランド:シューラルー、グローブ、スープ、オルベネ、ピンクアドベ、 キューティーブロンド

ワールドアンバー(WORLD AMBER)
卸事業会社
代表者:岩切 徳人
主な展開ブランド:ビルダジュール、ベルスクローゼット、ルイシャンタン、レイドローク

ワールドインベストメントネットワーク(WORLD INVESTMENT NETWORK)
開発・改革事業中間持ち株会社
代表者:中田 雄一、中林 恵一

インターキューブ(INTERCUBE)
セレクト事業会社
代表者:中田 雄一
主な展開ブランド:アナトリエ、ドレステリア、アクアガール、クチュールブローチ、 エージー バイ アクアガール、ル ティロワ ドゥ ドレステリア

イノベーションリンク(INNOVATION LINK)
SC・ストア事業会社
代表者:大峯 伊索
主な展開ブランド:フラクサス、サンカンシオン、ピンクラテ、ジ・エンポリアム、 コルテラルゴ、デッサン

ワールドスペースソリューションズ(WORLD SPACE SOLUTIONS)
プラットフォームビジネス事業会社
代表者:浦野 隆司

以下、承継会社(既存会社)の概要

イッツデモ(ITS'DEMO)
(4月1日付で株式会社ファッションクロスに商号変更予定)
代表者:林 知彦
主な展開ブランド:イッツデモ、フラワージェリー、ココプレス、フリヴォル、 パサージュ ミニョン、ヘンゼル&グレーテル、ロケーション

ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)
代表者:中田 雄一
主な展開ブランド:ネクストドア

【関連記事】
■ワールドが持株会社に移行 百貨店やSC向け業態ごとに事業会社設立
■ワールド16年4〜9月は営業利益が大幅増 3カ年構造改革の折り返し地点で一定評価
■ワールドが最大15ブランド・500店舗を閉鎖