ファッション

ニューヨークの40以上のブランドが共同でアンチ・トランプ運動

 2月9日に開幕したニューヨーク・ファッション・ウイーク(NEW YORK FASHION WEEK)でもドナルド・トランプ米大統領(DONALD TRUMP)への反発の動きが高まりそうだ。これは、非政府組織(NGO)「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)PLANNED PARENTHOOD(以下、PPH)」を支援する運動で、ニューヨークファッション協議会(CFDA)をはじめ、40以上のブランドが参加し、トランプ政権下で危険にさらされる「女性の権利」をアピールするという。

 PPHは人工妊娠中絶や避妊薬処方などを行っている団体。昨年、マーク・ジェイコブス(MARC JACOBS)がマイリー・サイラス(MILEY CYRUS)とコラボでTシャツを制作・販売し、収益全てをPPHに寄付した。バラク・オバマ前米大統領(BARACK OBAMA)も同団体の会議で演説を行ったことがある。

 この動きは、トランプ米大統領は1月23日、世界各国で人工妊娠中絶を支援するNGOへの助成を禁じる大統領令に署名したことに対する反発とみられており、参加ブランドは「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」や「トリー バーチ(TORY BURCH)」「スリーワン フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」、ミシェル・オバマ(MICHELLE OBAMA)前米大統領夫人が着用した「ジェイソン ウー(JASON WU)」「ナルシソ・ロドリゲス(NARCISO RODRIGUEZ)」など。

 CFDAはファッション・ウイーク期間中、「ファッションはPPHをサポートする」というピンバッジを配布し、受け取った人々にPPHへの寄付および、バッジを着用し、SNS上でハッシュタグ(#IStandWithPP)を付け拡散するよう呼びかける。ピンバッジのデザインはコンデナスト(CONDE NAST)が手掛け、ショーのスタッフや来場者をはじめ、モデルやインフルエンサーらも着用する予定だ。

 PPHへの寄付はトランプ米大統領が当選後大幅に増えており、うち7割が初めて同団体へ寄付したという。

【関連記事】
■「イヴァンカ・トランプ」販売中止続々、ネットで炎上
■メラニア夫人が英紙を提訴 「大きな商機を失った」
■あのデザイナーやセレブも! 続々とアンチトランプを表明
■ドナルド・トランプがトム・フォードと論争

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら