ファッション

初めての「ミラノ・ウニカ」で見たもの、感じたこと

 2月1日から3日まで開催されたファッション素材の見本市「ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA)」の取材のため、イタリアに出張に行ってきました。素材見本市というのは服地や、ボタンやレースといった服飾資材を作るメーカーが集まり、商材を展示するイベントのことです。アパレルメーカーやブランドのバイヤーさんが足を運び、こうした服地や服飾資材を買い付け、商品を作っていきます。今回の「ミラノ・ウニカ」のシーズンは2018年春夏。先月ウイメンズより一足早く世界各地で開催されたファッション・ウィークのシーズンが17-18年秋冬なので、素材メーカーはさらに半年早く動いていることになります。ここで提案された素材をもとに製品が作られ、18年春夏のコレクションとして発表されていくわけです。つまり生地のトレンドを抑えていれば、そのシーズン(今回だったら18年春夏)の服のトレンドがおのずと見えてくるということ。実はすごく重要なイベントなのです。

 と、上に書いたことはベテラン先輩の受け売りです。私自身は自ら見本市の取材に行きたいと名乗り出たはいいものの、右も左もわからない状態。それでもとにかくいろんなものの隙間にこのベテラン先輩に詰め込んでもらってミラノへと旅立ちました。

 日本で「ミラノ・ウニカ」のホームページを見たとき、まず戸惑ったのがトップページの写真からうかがえる通路の広さ。もはやそれくらいでびくびくするほどには、不安でいっぱいでした。ここを一人で歩くのか、足が震えないだろうか、フラフラしないだろうか・・・想像すると怖くなるばかりなので途中から考えるのをやめました。現地ではわりと平気でズカズカ歩いていたのですが、それは、朝の一杯のコーヒーとそれを飲む間のおしゃべりに救われたり、レストランのスタッフの笑顔や気遣いにホッとしたり・・・があったからだと思います。イタリアは不思議な温かさのある国で、いろんな人たちがおしゃべりしたりスマホを見ながらも自分の仕事に前向きに取り組んでいて、そういう姿勢を持った人同士なら、言葉は通じなくてもなんとなく分かり合えるみたいな空気がありました。そんな温かさで安心感を補給しながら3日間を過ごしました。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら