ビジネス

全米最大の百貨店メイシーズをカナダ大手が飲み込む?

 カナダの大手小売りで、アメリカのサックス・フィフス・アヴェニューやロード&テイラーを傘下に収めるハドソン・ベイがメイシーズの買収に意欲的なようだ。ハドソン・ベイは、数年前からニーマン・マーカス(以下、ニーマン)およびバーグドルフ・グッドマン(以下、バーグドルフ)の買収も検討しており、仮にメイシーズとニーマン&バーグドルフの双方を手にすると、北米のラグジュアリーからデザイナーズ、コンテンポラリー、ブリッジ、ベターまでのブランドを網羅する百貨店の大半が、ハドソン・ベイ傘下となる。

 メイシーズの株価は52週高値の45ドルから30ドル強まで下落しており、保有している不動産の評価額は過去1年で150億~200億ドル(1兆6800億~2兆2400億円)、フリーキャッシュフローは28億ドル(約3100億円)と見られ、業界筋は、割安な評価額が買い手にとって魅力的であると見ている。

 いくつかの投資会社は、マンハッタンの旗艦店などメイシーズが不動産まで所有する複数の物件に興味を持っている。特にニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコなどの旗艦店については、いずれも価値ある不動産を有しており、ハドソン・ベイが投資会社とタッグを組んで買収に乗り出す可能性は否定できない。

 メイシーズの2015年の売上高は、約271億ドル(約2兆7548億円)だった。一方のハドソン・ベイの同年の売上高は111億6200万カナダドル(約9600億円)。

【関連記事】
■米百貨店のメイシーズが1万人以上をリストラ
■米百貨店メイシーズ、2017年初頭までに100店舗閉鎖へ
■米百貨店メイシーズのテリー・ラングレン会長兼CEOが退任

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら