ファッション

2017年春リアルトレンド 注目はオフショルダーとウエストマーク

 2017年春の商品が店頭に並び始めた。今シーズンのリアルトレンドは、ランウエイと同じく、肌見せするなどの女性らしいアプローチ。スタンダードアイテムにひねりを入れたデザインが目立った。20~30代女性をターゲットにした国内アパレルブランドは、どのようなアイテムを提案するのか。どんなリアルトレンドが浮上するのか。5つの注目トレンドを紹介する。

トップスは、肩か鎖骨見せが◎

 昨年春夏から人気のオフショルダーが、肌見せを工夫したデザインでアップデートしている。今シーズンはデコルテも肩も露出するよりも、肩か鎖骨を少し見せる程度でOK。2年前の“首つまり”のトップスが人気だったことから、露出に抵抗があった人にも着やすいデザインが増えている。

スカートは、ベルトかリボン付きのハイウエスト

 今シーズンのスカートは、太めのベルトやリボンがついたハイウエスト。ポイントをウエストに置くことで、気になるウエスト周りもスッキり見え、女性らしいポロポーションに。トップスは短めのクロップドが相性良し。少しアンバランスなデザインのラップスカートも注目。

今シーズンは新しいシャツも探そう

 今年は定番アイテムのシャツも新調したい。この春夏は、オーバーサイズやオフショルダーのデザイン、ワンピースやセットアップも登場する。オフィスにも着て行けそうなエレガントなデザインも豊富だ。少し気崩す感じで合わせるのが、今シーズンらしい。

定番アイテムをひとひねりさせるストリング

 ひと癖あるデザインを選ぶなら、ひもを使ったディテールが◎。スカートやシャツの裾をギャザリングしてボリュームを操作したり、パンツに引きひものドローストリングを加えてアスレチックな要素をちょっぴり加えたり、定番アイテムを新しく見せたい。

人気の花柄刺しゅうは、いろんなアイテムに

 フェミニンなムードを後押しする花モチーフの刺しゅうが、さらに人気を集めそうだ。シフォンやサテンはもちろん、ワンピースの袖やブルゾンのバックなどにあしらったデザインが豊富にそろう。花の種類もスズランやデイジー、カメリアなどさまざま。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。