ファッション

「マトフ」が絹織物の銘仙をモダンにアップデート

 日本デザインコミッティーと経済産業省関東経済産業局は2月21日まで、企画展「スタイルメイセン(STYLE MEISEN)」を松屋銀座7階で開催している。着物の生地として、大正~昭和初期に一世を風靡した絹織物の銘仙を、東京のデザイナーズブランド「マトフ」が洋服として提案。栃木・足利のガチャマンラボや埼玉・秩父の逸見織物などと協業したオリジナル生地を用いたウエアやバッグを披露している。会場では、銘仙の歴史や技術を解説や撮りおろしのルックを展示している他、作品の受注販売も行う。

 「マトフ(MATOHU)」の関口真希子デザイナーは「銘仙の技法の“ほぐし”には元々興味があった。今回の協業をきっかけに生地について勉強し、今後もブランドの商品に使用していきたいと思う。銘仙の名前を知らない人にも企画展を見ていただき、ほぐしのテクニックの魅力を再発見してもらえたら」と話す。

■スタイルメイセン
日程: 2月21日(水)まで
時間:10:00~20:00
会場:銀座松屋7階デザインギャラリー1953
住所:東京都中央区銀座3-6-1

【関連記事】
■「マトフ」2017年春夏コレクション
■ファッションの東西交流をたどる展示会 横浜美術館で開催

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら